生命保険金の請求手続き|相続・遺言・相続税の相談なら【相続・遺言相談所】

法律に関する相談なら「法律の窓口」へ

生命保険金の請求手続

生命保険金の請求手続

生命保険金の請求

故人が生命保険に加入していた場合、保険会社に連絡を入れます。保険会社から必要書類と請求書が送られてくるので、必要事項を記入し、死亡診断書、故人の戸籍謄本などを揃えて申請します。

生命保険は受取人を指定している場合とそうでない場合があります。
受取人指定の場合は受取人が請求します。
受取人を指定していない場合は相続人全員が請求人となります。

受取人が未成年者の場合は、親権者または後見者が代理で請求をします。この場合、代理人の印鑑証明と受取人と代理人の関係がわかる戸籍謄(抄)本も必要です。

注意したいのは、生命保険の請求期限が3年以内ということです。3年を過ぎると受け取りの権利を失います。

生命保険金の課税扱い

生命保険の扱いは複雑なものです。保険金が遺産とみなされて相続税の対象となる場合、また贈与税、所得税などかかけられる場合など大きく変わってきます。

なお、自動車の所有者が交通事故で死亡したときは、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の請求ができます。自賠責の請求範囲は広範囲で、事故内容によって各種の書類を用意しなくてはなりません。請求は加害者が加入している保険会社に行います。

相続・遺言の専門家検索

ページトップへ戻る