遺言がある場合|相続・遺言相談所

法律に関する相談なら「法律の窓口」へ

相続税に関して
相続税の計算方法や減額特例、相続時精算課税など、税金に関してのご説明です。

相続または遺贈により財産を取得した場合にかかってきます。相続とは、民法で定められている法定相続人が財産を取得した場合をいい、遺贈とは遺言によって相続人やその他の人が財産を取得した場合をいいます。

この「相続税に関して」ページでは、計算方法や減額特例など税金に関しての全般的な内容をご説明いたします。

計算方法

計算方法

どの程度、税金って掛かってくるのかを事前に確認することは非常に重要となります。そのための計算方法を記載しております。

小規模宅地特例

小規模宅地特例

減税特例というものがあり、税金が減額される制度があります。その特例範囲をご説明いたします。

土地の上に建物を建てる方法

土地の上に建物を建てる方法

相続として土地を引き継いだが、税金ばかりがかかってしまうとお悩みの方もいらっしゃると思います。土地を有効に活用するためのアドバイスを掲載しております。

生前贈与

生前贈与

亡くなる前に、相続人に対して、贈与という形で遺産をある金額まで税金がかからず相続させることができます。その内容をご説明いたします。

相続時精算課税

相続時精算課税

相続が発生してから追加で税金がかかることがあります。その前がまえとして、精算課税のご説明をいたします。

その他の方法

その他の方法

上記掲載以外の相続税に対しての情報をまとめております。

相続・遺言の専門家検索

ページトップへ戻る