土地の上に建物を建てる方法|相続・遺言・相続税の相談なら【相続・遺言相談所】

法律に関する相談なら「法律の窓口」へ

土地を有効活用する

土地を有効活用する

土地の上に建物を建てる

広い土地を所有している場合、相続税負担を軽減するためにとられるのが土地の上に建物を建てる方法です。土地を更地のまま相続すると、路線価でストレートに評価されますが、土地の上にアパートやマンションを建てると、次のように評価が変わってきます。

  1. 債務控除の発生、もしくは預金の減少
    … アパートやマンションは銀行からの借入れなどでおこないますから、借入れ、つまり債務が発生し、全体の相続評価が下がります。自己資金で行っても、その分預金が減るので、相続税評価額はヘリ、税負担は軽減されます。
  2. 建築した建物の評価は建築費の30~40%になります。
  3. 貸家付の敷地の評価も下がる
    … 敷地は貸家建付地となり80%程度に評価されます。

相続・遺言の専門家検索

ページトップへ戻る