遺言がある場合|相続・遺言相談所

法律に関する相談なら「法律の窓口」へ

遺言がある場合
書く側としてどのような書き方としたものが、効力を持つのか

遺言がいざ見つかった場合、どのようにすればいいのかお分かりですか?よく遺言という言葉は、耳にするかと思いますが、対処方法についてご理解していない方も多いのではと思います。

そこで「遺言の取扱い」ページでは、実際に遺言が見つかった場合や見つけた立場ではなく、書く側としてどのような書き方としたものが、効力を持つのかといった内容をご説明いたします。

遺言が見つかった場合

遺言が見つかった場合

いざ遺言が見つかった場合の対処方法についてご説明いたします。

遺言の種類

遺言の種類

遺言と一言でいっても、さまざまな種類の遺言があります。遺言の種類をご説明いたします。

遺言の効力と書き方

遺言の効力と書き方

実際に硬直のある書き方をしなければ、思い通りの相続をさせることができません。その記述方法についてご説明いたします。

保証された相続割合

保証された相続割合

ある第三者に遺贈したとしても一定の割合で遺産相続することを認めたという内容についてご説明いたします。

相続・遺言の専門家検索

ページトップへ戻る